クビアカハゼの飼い方

クビアカハゼの飼い方

標準和名:クビアカハゼ
学名:Amblyeleotris wheeleri (Polunin and Lubbock, 1979)
分類:スズキ目・ハゼ亜目・ハゼ科・ハゼ亜科・ダテハゼ属
大きさ:体長8cmくらい




クビアカハゼの特徴

標準和名に「ダテハゼ」とついていませんが、ダテハゼ属の魚です。ダテハゼ属の魚のほとんどの種類は、体側に横帯がありますが、本種はその横帯が赤い、あるいは赤紫色のような色彩をしているのが特徴です。

販売水槽で見る個体は体が薄い灰色っぽい体で、地味な感じですが、飼いこむと体の帯が美しくなります。このほか背鰭にも赤や白の斑点が入り、極めて派手になる種類です。

共生するテッポウエビ

▲コトブキテッポウエビと共生するクビアカハゼ

自然界では主にコシジロテッポウエビと共生しますが、飼育下ではコトブキテッポウエビ(ランドールズピストルシュリンプ)などと共生することもあります。ニシキテッポウエビとの共生は今のところ確認できていないのですが、ニシキテッポウエビとも共生すると思われます。ハゼのサイズに合うテッポウエビと共生させるとよいでしょう。

ハゼの仲間、ハチマキダテハゼとニシキテッポウエビの共生。自然の海をそのまま切り取ったような風景。砂を掘るエビと可愛い用心棒であるハゼ...

生息する海域

紅海、南アフリカの東岸~フィジーまでの広い範囲に生息しています。日本においても沖縄や小笠原諸島、四国の海などで見ることができます。他の共生ハゼと同様に海底にあるテッポウエビの穴の中に生息しますが、水深については水深2~40mと幅広い範囲に生息しているようです。

日本にも分布するのですが、観賞魚としてはフィリピンやインドネシアなどの東南アジアから来ることが多いです。

クビアカハゼ飼育に適した水槽

全長8cmになる比較的大きめの種です。水槽は35~45cm位の小型水槽でも飼育できますが、他の共生ハゼ、もしくは複数個体で飼育するならば、60cmくらいの水槽で飼うのがベストと言えます。

飼育は簡単ですが、普通のろ過装置を使うシステムならば、ちゃんと生物ろ過が機能してから飼育するようにします。注意するべきなのは、飛び出すことがありますので、しっかりフタをすることです。

底砂はパウダー状~若干粒が粗めのサンゴ砂を敷き、その上に粗い大粒のサンゴ砂を敷いてテッポウエビが巣の建材に使えるようにします。底砂にコケが生えてきたなくなると、ハゼも次第に濃い色になっていくようです。

クビアカハゼの餌

ダテハゼの仲間の餌は配合飼料をメインにします。副食としてコペポーダやイサザアミ、イカなどを与えるのも良いでしょう。ただしそのような餌を与えるときは、水の汚れに注意します。

底の方にいることが多い魚ですので、フレーク状のものよりは粒状のペレットが向いていると言えます。テッポウエビはハゼに与える餌の残り物などを器用に鋏足を使って食べるので、ハゼに与える餌が海底に多めにいきわたっていれば、特別な餌を与えなくても良いです。ただしこのような餌を与えすぎると水が汚れますので、小さな計量カップとスポイトを使ってハゼとエビの巣の周辺に水で溶いたペレットフードを流すという方法もあります。

他の魚との混泳について

▲クビアカハゼの上を泳ぐシコンハタタテハゼとスミゾメハナハゼ。

丈夫で飼いやすい種類でほかの魚との混泳も可能です。他の小型ハゼの仲間、遊泳性ハゼの仲間、カエルウオの仲間、小型スズメダイの仲間、クマノミの仲間、小型のハナダイなど色々な魚と飼育することができますが、小型のスズメダイやクマノミなどの魚と一緒に飼育するのであれば、先にクビアカハゼを水槽に入れて、慣れてからそれらの魚と一緒に飼育するようにします。このあたりはクマノミと他の魚との混泳の注意点と似ています。

海水魚飼育ではクマノミだけでなく他の魚もクマノミと一緒に飼いたいものです。しかしカクレクマノミと一緒に飼育することが出来る魚と、そうでない魚...

ハゼをいじめる、またテッポウエビをいじめたり捕食したりするような魚との混泳は出来るだけ避けます。強いニセモチノウオやキュウセンなどのベラの仲間、かなり大型になるスズメダイの仲間との混泳は困難です。さらにはハゼの仲間を捕食するようなカサゴの仲間、カエルアンコウの仲間、ハタの仲間などとの混泳は絶対にやめましょう。

他の共生ハゼとの混泳について

▲ヒメオニハゼもクビアカハゼと共生させることができる。

クビアカハゼは比較的おとなしい性格で大きめの水槽なら他の共生ハゼとの混泳を楽しむことができます。同じダテハゼ属の種類よりも別の属と組み合わせるのが良いかもしれません。ヒメオニハゼ、ヒレナガネジリンボウ、その他、同じサイズの共生ハゼと組み合わせることもできます。ただし狭い水槽で何種も一緒に飼育することは、あまりおすすめしません。少なくとも60cm位の水槽が欲しいところです。

サンゴ・無脊椎動物との相性

▲オトヒメエビは鋏(はさみ)が大きくハゼを捕食することも。

▲サンゴヤドカリ等の小型種と一緒に飼育することもできる。

ハゼはサンゴなどの無脊椎動物には害を与えることは全くないのですが、イソギンチャクの仲間には捕食されてしまうおそれがありますので注意する必要があります。テッポウエビと共生する際にサンゴやライブロックが崩されないように、またテッポウエビは砂をまき散らすので、サンゴに砂がかからないように注意する必要があります。

大型のカニ、大型のヤドカリ、大型のエビなどと組み合わせる方は少ないと思いますが、これもダメな組み合わせです。オトヒメエビも動きが遅いハゼなどの魚を食べてしまうので難しいです。小型のサンゴヤドカリやクリーナーシュリンプなどは問題ありません。なお、クビアカハゼなどのダテハゼ属の魚はテッポウエビが居なくても問題はありません。







シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます