海水魚ラボ

海水魚・サンゴの飼育方法

当サイト「海水魚ラボ」で掲載している魚種やサンゴ、サンゴ以外の無脊椎動物の飼育方法をご紹介します。詳細な飼育方法や注意点、混泳のポイントなどをまとめています。魚の画像をクリックするとご覧いただけます。

なお掲載している魚・サンゴは全て私自身が飼育経験のある種、又は飼育されている友人や親交の深い海水魚店の方から聞き得た情報になり、その信憑性・正確性には自信を持っております。全く飼育したことのない種や、知り得ない情報については掲載していません。掲載画像・コンテンツは海水魚ラボのオリジナルであり、無断転載・盗用はご遠慮下さい。

海水魚の飼い方

アケボノハゼ

飼育難易度 ★☆☆☆☆

ハタタテハゼに似ているがよりゴージャスな色合いで人気。(詳細

イレズミハゼ

飼育難易度 ★☆☆☆☆

岩の下などにすみ、腹部を上にして泳いでいることが多い小型種。(詳細

オジサン

飼育難易度 ★★☆☆☆

肉食性で下顎のヒゲで餌を探す。白点病などには注意が必要。(詳細

オトメハゼ

飼育難易度 ★★☆☆☆

白い体にオレンジ色の斑点があるベントス食性のハゼの仲間。(詳細

オヤビッチャ

飼育難易度 ★☆☆☆☆

スズメダイの仲間でサンゴ礁にすむ普通種。関東で採集もできる。(詳細

カエルウオ

飼育難易度 ★☆☆☆☆

丈夫で飼いやすくコケも食べてくれるが、飛び出しに注意。(詳細

カクレクマノミ

飼育難易度 ★☆☆☆☆

映画でもお馴染みの人気のクマノミ。丈夫で初心者にもおすすめ。(詳細

キイロハギ

飼育難易度 ★★☆☆☆

黄色い体の綺麗な魚。清浄な水を好みサンゴ水槽で飼育したい魚。(詳細

キンギョハナダイ

飼育難易度 ★☆☆☆☆

ハナダイの仲間では飼育しやすい種。海域により色の変異がある。(詳細

キンセンイシモチ

飼育難易度 ★★☆☆☆

温和で群れで飼うことも可能。うまく飼育すれば水槽内で産卵も。(詳細

クダゴンベ

飼育難易度 ★★☆☆☆

長い吻が特徴のゴンベ科の種。丈夫で飼いやすいが、なぜか拒食に陥ることも。(詳細

クビアカハゼ

飼育難易度 ★☆☆☆☆

丈夫な魚だが隠れ家を作ってやりたい。テッポウエビとの共生も楽しめる。(詳細

クマノミ

飼育難易度 ★★☆☆☆

カクレクマノミに近い仲間で、イソギンチャクと共生する。(詳細

クモウツボ

飼育難易度 ★★☆☆☆

ウツボ科の中でも小型で丈夫で飼いやすいのでウツボ初心者におすすめ。(詳細

ケラマハナダイ

飼育難易度 ★☆☆☆☆

キンギョハナダイ同様に丈夫で飼育しやすいハナダイの仲間。(詳細

コンゴウフグ

飼育難易度 ★★★☆☆

ハコフグの仲間で角のような突起がかわいいが飼育はやや難しい。(詳細

サラサゴンベ

飼育難易度 ★☆☆☆☆

とても丈夫で飼育しやすいが甲殻類や小魚を捕食することもある。混泳面で注意が必要。(詳細

シコンハタタテハゼ

飼育難易度 ★☆☆☆☆

パープルファイヤーゴビー。ハタタテハゼの仲間ではやや深場にすみ、もっともゴージャスな色彩。(詳細

シマキンチャクフグ

飼育難易度 ★★★☆☆

かわいいフグの仲間だが毒を出したりサンゴをかじったりすることも。(詳細

シリキルリスズメダイ

飼育難易度 ★☆☆☆☆

鮮やかな青と黄色が美しいが気がつよく同種同士でけんかをすることも。(詳細

ゼブラハゼ

飼育難易度 ★☆☆☆☆

体側に細い横縞が多数ある。ハタタテハゼと近い仲間で飼いやすい。(詳細

ソラスズメダイ

飼育難易度 ★☆☆☆☆

鮮やかな青い体色をしているが、黒っぽくなってしまうことも。(詳細

ナンヨウハギ

飼育難易度 ★★★☆☆

ニザダイの仲間では小型だが大型水槽を用意したい。病気にも注意。(詳細

ニセモチノウオ

飼育難易度 ★☆☆☆☆

飼いやすく綺麗で大きくならないが、性格はややきついので注意。(詳細

ニチリンダテハゼ

飼育難易度 ★☆☆☆☆

大きな丸い背鰭が特徴。ほかの共生ハゼと争うおそれがあるので要注意。(詳細

ハタタテダイ

飼育難易度 ★★☆☆☆

チョウチョウウオの仲間で熱帯魚らしい形と色彩が人気。(詳細

ハタタテハゼ

飼育難易度 ★☆☆☆☆

飼いやすい種で性格も温和。海水魚飼育初心者にもおすすめ。(詳細

ハチマキダテハゼ

飼育難易度 ★☆☆☆☆

ほかのダテハゼ同様に飼いやすくテッポウエビとの共生も楽しめる。(詳細

ハリセンボン

飼育難易度 ★★☆☆☆

フグの仲間は愛嬌があるが水を汚くしやすく病気になることもあり要注意。(詳細

ヒフキアイゴ

飼育難易度 ★★☆☆☆

初心者にもおすすめだが痩せやすいことと鰭の棘の毒に注意。(詳細

ヒメオニハゼ

飼育難易度 ★☆☆☆☆

輸入量が少なく入手しにくいが飼育は容易な共生ハゼの仲間。(詳細

ヒレナガネジリンボウ

飼育難易度 ★☆☆☆☆

体にある斜めの縞模様とよく伸びた背鰭が特徴の共生ハゼの仲間。(詳細

ヘコアユ

飼育難易度 ★★★★☆

頭を下にして泳ぐ様子が面白い。餌に難あり。初心者向きではない。(詳細

ホンソメワケベラ

飼育難易度 ★★☆☆☆

他の魚につく寄生虫を食べてくれる有名なクリーナー。(詳細

マハゼ

飼育難易度 ★☆☆☆☆

釣りの対象魚で天ぷらで食べると美味しいが飼育しても楽しい。(詳細

ミスジリュウキュウスズメダイ

飼育難易度 ★☆☆☆☆

白黒の縞模様が特徴的で飼いやすいが気が強い。温和な魚との混泳は注意。(詳細

ミツボシクロスズメダイ

飼育難易度 ★☆☆☆☆

黒い体に白い点があるのが特徴。成魚はかなり気が強いので注意。(詳細

ヤエヤマギンポ

飼育難易度 ★☆☆☆☆

サンゴ礁の浅瀬にすみ、サンゴ岩に付着したコケを食べてくれる。(詳細

ライムラス

飼育難易度 ★☆☆☆☆

丈夫で飼いやすいキュウセンの仲間。甲殻類とは一緒に飼いにくい。(詳細

ラボックスラス

飼育難易度 ★☆☆☆☆

イトヒキベラの仲間としては小型のため60cm水槽でも飼いやすい。(詳細

ルリスズメダイ

飼育難易度 ★☆☆☆☆

コバルトスズメダイとも。サンゴ礁で見られる青が綺麗な魚といえば本種。気が強く混泳注意。(詳細

ルリヤッコ

飼育難易度 ★★☆☆☆

安価で綺麗な色彩が特徴の小型ヤッコ。ヤッコ初心者におすすめ。(詳細

サンゴ以外の無脊椎動物の飼い方

オトヒメエビ

飼育難易度 ★☆☆☆☆

紅白の体が特徴のクリーナーシュリンプ。性格がきついので混泳に注意。(詳細

スカンクシュリンプ

飼育難易度 ★★☆☆☆

水合わせには注意したいが基本的に飼いやすいクリーナーシュリンプ。(詳細

ベニワモンヤドカリ

飼育難易度 ★☆☆☆☆

赤い体に白く細い線が入る美しい種だが同種同士で激しく争う。(詳細

マガキガイ

飼育難易度 ★☆☆☆☆

スイショウガイ科の巻貝の仲間。底砂のコケ対策に役立つ。(詳細

ユビワサンゴヤドカリ

飼育難易度 ★☆☆☆☆

青と黒の脚が特徴の美しい種類。気がやや強めだが飼育しやすい。(詳細

サンゴの飼い方

アワサンゴ

飼育難易度 ★★☆☆☆

ハードコーラルの中では飼育しやすいがクマノミなどとは飼いにくい。(詳細

ウミアザミ

飼育難易度 ★★★☆☆

やや難しいソフトコーラルだが繊細な美しさで人気が高い。(詳細

ウミキノコ

飼育難易度 ★★☆☆☆

初心者でも飼育できるができるだけきれいな水で飼いたい。(詳細

オオタバサンゴ

飼育難易度 ★☆☆☆☆

色のバリエーションが豊富。ハードコーラルの中でも丈夫で飼いやすい。(詳細

オオバナサンゴ

飼育難易度 ★★☆☆☆

ヒユサンゴとも。初心者にもおすすめのイシサンゴ。餌を与えるとよく膨らむ。(詳細

キクメイシ

飼育難易度 ★★☆☆☆

飼育しやすいハードコーラル。色や形などのバリエーションが豊富。(詳細

クサビライシ

飼育難易度 ★★☆☆☆

キノコのような形をしたユニークな形状のサンゴ。丈夫で飼育しやすい。(詳細

シコロサンゴ

飼育難易度 ★★☆☆☆

ポリプが短いイシサンゴの中でも飼育しやすい。独特な形が特徴。(詳細

シャコガイ

飼育難易度 ★★★★☆

種により難易度は異なる。ミドリイシを飼育できる環境が望ましい。(詳細

スターポリプ

飼育難易度 ★☆☆☆☆

ムラサキハナヅタとも。丈夫なサンゴで、ポリプの形や色などに変異が多い。(詳細

タバネサンゴ

飼育難易度 ★★☆☆☆

大変丈夫で初めてハードコーラルを飼育するのにおすすめ。(詳細

ディスクコーラル

飼育難易度 ★☆☆☆☆

サンゴというよりはイソギンチャクの仲間。餌も与えれば食べる。(詳細

マメスナギンチャク

飼育難易度 ★☆☆☆☆

イソギンチャクに近い仲間で、色彩は変異に富んでいる。(詳細

その他海水魚・サンゴ飼育用品

磯採集