デルフィスの接着剤「ウォータージェル」の使い方~水中でも接着できるシアノアクリレート接着剤

「ウォータージェル」はサンゴをライブロックやサンゴ岩、あるいはサンゴをプラグなどに接着したり、サンゴを接着したプラグをライブロックなどに接着するのに使用するジェルタイプの水中ボンドです。同じデルフィスの「クイックジェル」と異なり水中でも接着することができるため、なかなか水槽から出せないような大きなサンゴ岩に接着するのにも適しています。今回はこのウォータージェルを使用し、水中でサンゴを固定する方法をご紹介します。

ウォータージェルとは

兵庫県伊丹市の観賞魚メーカー「デルフィス」が販売する製品です。ウォータージェルは水中でも使用できるアクアリウム用の接着剤です。ホビー用接着剤の中には生物に有害な成分を使用しているものがありますが、このウォータージェルは生物に安全な成分を使用しています。主成分はシアノアクリレートで、安全性が高い(毒性が低い)ため、ほかの多くのアクアリウム用接着剤に使用されています。ゼリー状で液だれの心配もありません。

クイックジェルとの違い

デルフィス クイックジェル

▲クイックジェル

同じくデルフィスから販売されているアクアリウム用接着剤としてはほかに「クイックジェル」があります。クイックジェルは陸上でサンゴと岩を接着するものですが、ウォータージェルと異なり水中で使用することはできません。ただしウォータージェルよりも接着力が強めで、はやく接着できる印象です。水槽から容易に出すことができる、小さなライブロックやプラグなどに接着するのにはクイックジェルの方が向いているかもしれません。なお、ウォータージェルは、クイックジェルと異なりバインダーサンドは付属しません。

他メーカー製品との比較

このほかのメーカーの水中接着可能な接着剤にはエコテックマリン(LSS研究所)の「コーラルグルー」、Zoox(エムエムシー企画)の「スペシャルコーラルグルー」があります。ただ前者は大容量で水中で使うにはもったいない気もしますし、交換用のキャップも販売されていますが割高に感じられます。後者は台湾mxbon製で安価・お手軽といえますが、「使い捨てタイプ」であることを謳っており、それならばこちらもやや割高といえるかもしれません。

ただこれらの製品はデルフィス製品の扱いのないチャームのECモールサイトでも購入することができるというメリットがあります。

使用上の注意点

強力な接着剤ですので、服や皮膚につかないように十分注意してください。また換気も十分に行ってください。また多量に付着すると発熱することもあるのでやけどにも注意が必要です。

ウォータージェルの使い方

接着に必要なものは、クイックジェル同様、タオルやティッシュです。まずクイックジェル同様にノズルの部分を容器に強くねじ込みます。それだけで開封します。

接着剤をつけたい面の余分な汚れなどをタオルなどで落としてからジェルをサンゴの裏につけます。薄く塗るのにはあまり適していません。接着面が小さいと強く接着することができないのでたっぷりジェルをつけます。ジェルの色彩は「クイックジェル」では透明→乾燥すると白っぽくなりましたが、このウォータージェルではピンク色になっています。紫色の石灰藻をイメージしたものです。

サンゴの骨格に接着剤をつけたら水中に沈め、10秒ほど時間をおいてから接着したい場所に押し付けて固定するようにします。接着が足りないと思ったら水中での接着も可能です。

水中でも使用できる

▲水の中にクイックジェルを入れても接着できる!

クイックジェルと異なり、水中で使用することもできます。とくに陸上で接着して、接着が弱いと感じたら水中でウォータージェルを使って盛るとよいでしょう。ただし、水中でウォータージェルを使用すると容器内のジェルが固まりやすくなるため、使用後はノズルの先端をしっかり拭いておく必要があります。また、水中で使用した後は容器の中のジェルがどうしても固まりやすくなってしまうため、早めに使い切るようにします。

保存方法

使用後はノズルの部分をよく拭いてキャップをし(水の中に沈めたものはタオルなどでよく拭き水気を取る!)、箱の中に保管します。箱も冷暗所に保管しておくことが推奨されています。一旦開封した製品は早めに使い切るようにしましょう。とくに水中に一度でも沈めたものは早めに使い切るようにしましょう。

ウォータージェルまとめ

  • デルフィスから販売されている水中で使える接着剤
  • シアノアクリレートを使用しており生物には無害
  • 石灰藻をイメージしたピンク色が特徴
  • 接着面の汚れを拭く必要はあるが、接着面が乾いていなくてもよい
  • 接着剤をつけたら海水に沈め10秒ほど時間をおいてからつけたい場所に押し付ける
  • 接着が弱い、と感じたら水中で接着させることもできる
  • 使用後はノズルの部分をよく拭いておく。とくに水中に沈めたものはタオルなどで湿気をよく拭いておくこと
  • 箱の中に保管し、その箱も冷暗所に置く
  • 一旦開封したら早めに使い切ること。とくに水中に沈めたものは早く使い切りたい

この記事にコメントをする

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

海水魚を探す
サンゴを探す
フリーワード検索
    もっと読む