オメガワン マリーンペレットを検証!澱粉だけでなく魚粉さえ排除したプレミアムフード

「オメガワン マリーンペレット」(以下マリーンペレット)はアメリカのオメガシーが製造する餌で、日本においてはナプコリミテッドが輸入販売する配合飼料です。この餌は新鮮さにこだわり魚粉を使用せず、アラスカ産のシーフードをふんだんに使用、色素もサケやマリーゴールドなどの天然色素を使用し、さらに澱粉も使わず水を汚しにくい特徴があります。

さらにガーリックや不飽和脂肪酸も入っており魚の健康のことも考えて作られたプレミアムフードです。今回はこのマリーンペレットについて解説します。

マリーンペレットの特徴

「オメガワン」というのは餌の名称ではなく、アメリカのオメガシー社の餌のブランドです。オメガワンからはペレットフードのほかフレークやタブレットフードなども販売されており、海水魚用の餌のほかにキンギョ用の餌やネオンテトラなどの淡水魚用の餌、ベタ用などの餌が多数販売されています。アメリカではほかにも冷凍のアラスカ産シュリンプなど様々な餌が市販されているようですが、日本国内ではあまり多くの種類は販売されていません。このマリーンペレットは海水魚の餌では特徴的な二つの特徴をもっており、おすすめのフードのひとつです。

鮮度へのこだわり

マリーンペレットはほかの海水魚用フードと明らかに異なる特徴があります。それは魚粉を一切使用していないということです。ほかの多くの製品は魚粉を使用していますが、この餌はアラスカで漁獲された魚(とくにサケ類)を急速冷凍したものをオハイオ州の工場で加工しています。このほかエビやラウンドニシン、タラなどを使用しているようです。

魚粉を使用していないほか、つなぎとして澱粉を使用しないのもこだわっているところです。魚粉や澱粉は水質を悪化させやすいことが理由です。とくに澱粉は水に溶けやすく、水を汚しやすいので注意すべきポイントといえます。

健康へのこだわり

マリーンペレットは魚の免疫力維持に必要な不飽和脂肪酸を強化配合しており、その点もすぐれているところといえます。また魚の健康によいとされるガーリックも2%ほど配合しており、健康へのこだわりがうかがえます。ただしこのマリーンペレットは小麦粉も使用しているようで、小麦粉を使用しないシグマ・グロウと比べると消化はあまりよくないかもしれません。

成分(Omega seaのウェブサイトより)

サケ、ニシン、小麦粉、小麦胚、ピープロテイン(エンドウが由来の植物性たんぱく質)、エビ、グルテン(小麦由来たんぱく質)、ニシンオイル、ケルプ(海藻)、ニンニク粉末、スピルリナ、クエン酸、アスコルビン酸、ビタミンE、トコフェロール、マリーゴールド抽出物(色素?)、ナイアシン、イノシトール、アスタキサンチン、カンタキサンチン、リボフラビン、ビタミンA,ビタミンB12

マリーンペレットのサイズ

▲ノーマルサイズのマリーンペレット

マリーンペレットにはふたつのサイズがあります。ノーマルサイズのマリーンペレットと、小型のマイクロペレット・マリーンの二つです。マイクロペレット・マリーンのサイズはランダムサイズですが、小型の魚が捕食しやすいサイズになっています。また同じマイクロペレットのシリーズでは「スーパーベジ」「スーパーカラー」も販売されており、それぞれ藻類食魚向けのものと、色揚げ用のものになります。この二つは淡水魚にも海水魚にも適し、淡水のシュリンプにも適した餌ということです。

実際に与えてみました

▲実際にあたえているところ。スプーンは付属しないので注意

▲クマノミやセグロマツカサなどが餌に集まる様子

ほかの餌同様そのまま指でつまんで与えたり、スプーンを使用して与えたりします。ただし小粒のマイクロペレット・マリーンのほうにはスプーンがついているものの、大粒のマリーンペレットにはスプーンがついていませんので自分で用意しなければいけません。ちなみに私はバイタリス(エムエムシー企画レッドシー事業部)のサンゴフードに付属していたスプーンを使用しています。実際に与えてみますと、クマノミの仲間や大型のスズメダイ、口の大きなアカマツカサ系などに適しているといえますが、小型のスズメダイやカクレクマノミはなかなか口に入れられません。量は飼育している海水魚によって異なりますが、1回の給餌では大体5分くらいで食べつくす量がよいでしょう。マリーンペレットは水を汚しにくいようにはなっているのですが、それでも与えすぎると水を汚してしまうことがあるからです。

マリーンペレットは沈むスピードが早めですが一部は水面を漂います。より小粒のマイクロペレット・マリーンではさらに長く水面に浮かんでいます。

オメガワン マリーンペレットを購入する

どこにでもあるような「メガバイトレッド」などとは異なり、お店によっては取り扱っていないこともあるため、通販で購入するのが確実かもしれません。ほかのナプコリミテッドが扱う商品(殺菌灯ライフガード、マキシジェット、インスタントオーシャンなど)を販売している店舗である場合、注文したら入れてくれるかもしれません。ただし、迅速に手に入れて試したいのであれば、通販で購入するのが確実でしょう。

まとめ

  • アメリカ産の新鮮な魚類を使用したプレミアムフード
  • 魚粉や澱粉を使用せず水を汚しにくい
  • 不飽和脂肪酸やガーリックを配合し魚の健康にも配慮
  • 小麦粉を使用しており消化吸収性は少し劣るかもしれない
  • サイズは2種あり。マイクロペレットマリーンにはスプーン付属
  • 早く水底に沈みやすい。マイクロペレットマリーンは浮かぶ時間が長い
  • 販売していない店もある

外部リンク

Omega sea (英語)

ナプコリミテッド(日本における輸入代理店)によるフード紹介のページ

この記事にコメントをする

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

海水魚を探す
サンゴを探す
フリーワード検索
    もっと読む