海水魚にとって有毒・有害な「アンモニア」の対策と測定方法

「生物ろ過」というのはバクテリアの力によって、魚にとって毒性が強いアンモニアを亜硝酸塩に、さらに亜硝酸塩を硝酸塩に分解していくシステムです。このアンモニアは水槽を立ち上げて飼育をはじめた、まだ生物ろ過のシステムがうまく立ち上がっていないときに発生しやすいものです。今回はこのアンモニアの対策や測定の方法についてご紹介します。

アンモニアとは

魚の排せつ物や生物の死骸、残餌などはやがてアンモニアとなります。このアンモニアは魚にとっては有毒であり、濃度が高いとあっという間に魚は死んでしまいます。このアンモニアはバクテリアの力によりアンモニアよりは毒性が低い亜硝酸塩になります。その後さらなるバクテリアの力により硝酸塩になります。これが生物ろ過のプロセスです。硝酸塩は毒性が低いですが、それでもサンゴなどにはあまりよくないため、水替えにより硝酸塩を水槽から取り除いてやります。

このアンモニアが発生しやすいのは、水槽をセットしたときです。ろ過バクテリアがあまりおらず、ろ過がまだあまりうまく機能していないときに発生することが多いです。水槽をセットしてまもないうちにどんどん魚を追加してしまうと、生物ろ過がおいつかなくなり、魚が死んでしまうこともあります。そのため最初のうちは魚を少なくすることが重要なのです。それ以外では大きめの魚が死んでしまったときに発生することがあります。この場合は1匹魚が死んでしまうとアンモニアが発生し、それによりほかの魚も死んでしまうことがあるため、死んでしまった魚ははやいうちに水槽から出さなければなりません。

アンモニアの測定方法

アンモニアの濃度は、アンモニアテスターとか、アンモニアテストキットと呼ばれるもので測定することができます。従来はテトラからもアンモニアテスターが販売されていましたが、現在は販売されていません。入手しやすく正確さで定評のあるイスラエルのレッドシー製のテスターを購入して使用するのがベストでしょう。

テスター類の重要性についてはこちらをごらんください。

実際に測定する

▲レッドシーのアンモニアテスター

先ほども述べたとおり、アンモニアは特に水槽を立ち上げてすぐ、まだ生物ろ過がうまく回っていないときに出ることが多いです。そのためとくに水槽立ち上げ初期にはかならず計測したいものです。ということで、今回は実際に海水魚水槽のアンモニア濃度をチェックします。

測定の流れ

今回使用したアンモニアテスターは先ほども述べたレッドシー製テスターです。海水はクマノミなど魚を飼育している60cm水槽を測定します。計測の方法は簡単です。付属の注射器を用いて水を試験管にいれ、その中に3種の試薬を入れて混ぜ合わせるだけです。詳しくはアンモニアテストキットに付属する説明書をご覧ください。

アンモニアキットの付属品は試薬3種類、ガラス管、注射器、スプーン、カラーカード、そして取扱説明書です。

まずは付属の注射器を使って海水を5mlとり、ガラス管に入れます。

次に測定する海水が入ったガラス管にアンモニア試薬Aを入れます。試薬Aは粉末状で付属のスプーンにすりきり一杯入れます。

試薬Aを入れたらガラス管のフタを閉めて10秒間よく振ります。

次に試薬B(緑色のフタ)を5滴加えます。加えたら再びガラス管にフタをして10秒間振ります。

次に試薬C(青色のフタ)を5滴加えて、加えたら三度ガラス管にフタを閉めて10秒間振ります。この試薬Cを加えると水が緑色っぽく変化します。色が安定するまで15分間放置します。

最後にフタを外して付属のカラーカードを使って色をチェックします。写真では分かりにくいのですが現物はもっと0に近い色です。この水槽で魚を飼育しはじめて何か月か経過しているためか、アンモニアは検出されませんでした。そのかわり硝酸塩が高くなります。使用後は水をすて、注射器やガラス管、蓋などをよく水で洗い流します。

こちらは立ち上げたばかりの90cm水槽のアンモニア濃度です。0と0.2の中間あたりでしょうか。これは水槽を立ち上げて、魚を1匹入れたのみですが、入れた魚だって当然排せつをしますのでこの結果は致し方ないです。その後はろ過バクテリアも定着するなどしたようで数値も下がり、検出されることはなくなりました。

初心者は水槽を立ち上げたばかりのときや、新しい魚を追加するとき、もしくは不幸にも魚が死んでしまったときにテストキットで計測するとよいでしょう。新しい魚を追加した翌日にも計測できればベターといえます。アンモニアの数値が落ち着いてきて、サンゴも入れたい、というのであれば硝酸塩/亜硝酸塩テストキットも購入するのがおすすめです。

レッドシーからは「マリンケアテストキット」といい、複数種のテストキットのセットも販売しています。アンモニアだけでなく、硝酸塩やpH、KHも計測することができて便利です。ただ複数種の水質を薬品が入っているので薬剤を間違えないよう注意が必要です。

検出されたときは

アンモニアが検出されるということは、まだ生物ろ過がうまく立ち上がっていない、ということがいえます。まずはじっと生物ろ過のサイクルが完成されるのを待ちましょう。水かえやバクテリアの導入もよい方法ですが、どんなにバクテリアを導入していても魚を多数入れたら当然アンモニアは出てしまいますので、可能であれば魚を減らし(海に放流してはいけない)、餌も与えすぎてはいけません。

とくに初心者は1日に何度も餌を与えたがりますが、与えすぎて殺してしまうこともありますので、アンモニアが検出されていなくても注意した方がよいでしょう。

アンモニアまとめ

  • アンモニアは毒性が強い
  • 魚の排せつ物や残餌、生物の死骸が分解されアンモニアになる
  • 生物ろ過によって最終的には硝酸塩まで分解され、硝酸塩は水かえにより水槽から排出される
  • 水槽を立ち上げたばかりの生物ろ過がうまくたちあがっていないときに発生しやすい
  • 立ち上げてすぐのときや魚を追加したとき、魚が死んでしまったときに計測する
  • レッドシーのテストキットなどで測定できる
  • アンモニアが発生されたら魚を追加せず、可能なら魚を減らして餌も減らす

この記事にコメントをする

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

海水魚を探す
サンゴを探す
フリーワード検索
    もっと読む