【海水魚用】初心者におすすめ!クーラー機種ランキングベスト3(アクアリウム)

もう5月になりだいぶ暑くなってきました。暑い夏季、海水魚の快適な生活のためにはクーラーが必須となります。そのためクーラーは夏季に水温を下げるためのもの、と思われがちですが、実はそうではありません。ヒーターやサーモスタットとセットで、年中水温を安定させるために重要なものなのです。長く使うものであり、かつ魚の健康と生命にかかわるものなので、値段ではなくしっかりものを見て決めましょう。今回は初心者向けの水槽用クーラーをご紹介します。

初心者におすすめできる海水魚用クーラー

▲ペルチェ式のテガルはおすすめしにくい

最近小型水槽用にペルチェ式の小型クーラーも販売されていますが、正直これらは初心者にはおすすめできません。一般的な水槽用のクーラーよりも冷えず、小型水槽用(初心者にはやや難しい)のものだからです。ただ小型水槽用の数少ない冷却装置としては使用できます。ペルチェ式の商品の代表例としてテトラの「クールタワー」やゼンスイの「テガル」などがあります。

初心者にも使いやすい水槽用クーラーは冷媒(ガス)を使用して冷やすものです。現在一般に使用される冷媒使用水槽用クーラーも2種類あり、クーラーの中に水を入れて冷やす方法と、冷媒管と呼ばれる管を水槽の中に入れる方法の2種類があります。海水魚水槽では前者が一般的で、ここで紹介しているのもこのタイプです。後者は「投込式」と呼ばれ、ポンプを必要とせず、パイプを水槽の中に入れるだけで簡単に設置できますが、見た目はどうしても悪くなってしまいます。海水魚にも使用できる投込式クーラーとしてはゼンスイの「MCシリーズ」などがありますが、かなり高価です。

このほか万一、クーラーが故障してしまった際の対応がしっかりしているところも見てみましょう。各メーカー、ブランド名でググると、メーカーの公式サイトにアクセスできます。故障時どのように対応してもらえるかあらかじめ調べておくとよいでしょう。

海水魚・アクアリウム用クーラーおすすめランキング

1位:ゼンスイ ZCシリーズ

▲オーバーフロー水槽ならZCシリーズが最適。写真は旧シリーズのもの

私が最もおすすめするクーラーはゼンスイの「ZCシリーズ」です。ゼンスイといえば国内で販売される水槽用クーラーの中でも最大手といえるメーカーですが、その中のフラッグシップモデルといえるのがZCシリーズといえます。フラッグシップモデルであると同時にスタンダードな製品か、多くの海水魚店で取り扱っているので購入しやすいという特徴もあります。

ZCシリーズの最新バージョンは「水温監視アラート」や2時間以上の運転でランプがついてお知らせしてくれる「オーバータイム機能」などを搭載しているほか、クラス最高の省エネをほこります。ゼンスイのクーラー群で「ZR」と比べ高価ではありますが、それだけに高性能なクーラーとなっています。ZC-500α以上の機種になると、付属のパッキンなどを使って塩ビパイプと接続することができるようになります。サイズは6種類あり小型水槽からオーバーフロー水槽まで適したものを選ぶことができます。さらにゼンスイはクーラーのサポートにも定評があり、無料点検や、有料ではありますがクーラーのオーバーホールなども行っています。

ゼンスイ 小型循環式クーラー ZC-100α

ゼンスイ 小型循環式クーラー ZC-100α

39,820円(06/06 09:35時点)
Amazonの情報を掲載しています

2位:ジェックス クールウェイBKシリーズ

▲性能もコストパフォーマンスの両立もできる

ジェックスのクールウェイもおすすめのクーラーのひとつです。60cmオーバーフロー水槽用ならBK210がおすすめで、単体であればBK110でも対応可能です。コストパフォーマンスにも優れ、冷却性能もそこそこ高めです。中国製で値段は安価です。お金を抑えて、でも冷えるクーラーが欲しいならこのクールウェイかゼンスイZRシリーズということになります。またジェックスもゼンスイ同様にアクアリウムの業界では名が知られている総合アクアリウムメーカーですので多くのお店で販売されていて購入しやすいのも特徴です。

デメリットとしてはゼンスイ製のものと異なり、温度センサーが飛び出しているタイプで(ゼンスイのクーラーは温度センサーが内蔵されている)、センサーが露出してしまうと冷えすぎてしまい魚が死んでしまうという事故がおこる可能性もあることです。ちゃんとセンサーの水位をチェックしておきましょう。

ジェックス クールウェイ BK110

ジェックス クールウェイ BK110

33,300円(06/06 08:20時点)
Amazonの情報を掲載しています

3位:ゼンスイ ZRシリーズ

低価格がうれしいゼンスイのZRシリーズです。ZCシリーズと異なり水温監視アラートやオーバータイム機能を有していないなどのデメリットがあり省エネという意味ではZCシリーズにおとるものの、小型水槽から60cmくらいならこのシリーズでも十分です。このシリーズは中国で製造することにより価格がZCシリーズよりも安くなっているので、「初期投資を抑えたい」という方にはおすすめです。小型水槽に最適なZR-miniはとくにその用途に最適といえます。一方オーバーフロー水槽であればこのシリーズでも使用できないというわけではないのですが、オーバーフロー水槽で使用するのであれば塩ビパイプが使用できるZCシリーズ(ZC-500α以上の機種)のほうが適しているでしょう。ゼンスイ製のクーラーですので、ZCシリーズ同様サポートもしっかりとしています。

ゼンスイクーラー ZR-mini

ゼンスイクーラー ZR-mini

45,000円(06/06 09:35時点)
Amazonの情報を掲載しています

そのほかの海水魚用クーラー

このほかにもレイシー、ニッソー(マルカン)、テトラ(スペクトラムブランズジャパン)、テコ(エムエムシー企画レッドシー事業部)からクーラーが販売されていますが、このあたりのクーラーは使用したことがなく、とくにレイシーやテコなどは販売しているお店もあまり多くなく(取り寄せは可能)、今回はランキングから外させていただきました。

まとめ

  • 初心者におすすめのクーラーは冷媒を使用して冷やすタイプ
  • ZCシリーズは小型水槽からオーバーフロー水槽まで使える人気製品
  • ジェックスのクールウェイBKシリーズは安価だがそこそこ冷え使いやすい
  • ZRシリーズは初期投資を抑えたい人向け
ゼンスイ 小型循環式クーラー ZC-100α

ゼンスイ 小型循環式クーラー ZC-100α

39,820円(06/06 09:35時点)
Amazonの情報を掲載しています
ジェックス クールウェイ BK110

ジェックス クールウェイ BK110

33,300円(06/06 08:20時点)
Amazonの情報を掲載しています
ゼンスイクーラー ZR-mini

ゼンスイクーラー ZR-mini

45,000円(06/06 09:35時点)
Amazonの情報を掲載しています

この記事にコメントをする

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

海水魚を探す
サンゴを探す
フリーワード検索
    もっと読む