ベントスゴビー(もぐもぐハゼ)の飼い方

ベントスゴビー(もぐもぐハゼ)の飼い方

ハゼの仲間は種類が豊富で、その中の「もぐもぐハゼ」は口に砂をふくんで、鰓から砂を吐き出す、そのような習性をもつハゼの仲間です。なお、もぐもぐハゼというのは、筆者が勝手につけた名称で、アクアリストの間では、ベントスゴビーと言われることが多いようです。




ベントスゴビーの分類

ベントスゴビーの仲間は、概ね3つに分けられます。クロイトハゼ属、サラサハゼ属、そしてシグニゴビウス属の計3属です。

このうち日本にはクロイトハゼ属11種、サラサハゼ属7種が分布します。シグニゴビウス属というのは、観賞魚店でおなじみのカニハゼを含む1属1種のハゼなのですが、日本には分布していません。

クロイトハゼ属 Valenciennea

この仲間はスリーパーゴビーともいわれます。カワアナゴの仲間のように、胸鰭は吸盤のようにならず、左右に分かれることや、鱗が非常に細かいことなどが特徴で、日本には10種が分布し、世界では少なくとも16種が分布します。インド-中央太平洋に見られ、大西洋には分布しません。属の学名はフランスの生物学者 アシル・ヴァランシエンヌにちなみます。

主な種 (★は日本に分布する種)

★オトメハゼ Valenciennea puellaris (Tomiyama, 1956)

色彩には若干のバリエーションがありますが、ふつう体が白っぽく、体にオレンジ色の斑点がある人気の種です。インド洋から太平洋に広く分布し、観賞魚としてはインド洋のスリランカやインドネシア、沖縄などから入り、この仲間ではもっともよく流通し入手しやすいです。あまり海底から離れず砂をもぐもぐしますので、他の種類と比べてサンゴ水槽にも入れやすいといえましょう。この仲間に初めてチャレンジするのに最適な種です。全長15cmになります。

★ミズタマハゼ V. sexguttata (Valenciennes, 1837)

白っぽい体で、頬に青い水玉のような斑点があります。また、背鰭の先端も黒くなります。この種も沖縄県からインド-太平洋域に広く生息し、インド洋産の個体が入ってくることが多いです。底のほうにいることが多いので、オトメハゼとならび、サンゴ水槽での飼育にも向いている種といえますが、底砂を大きく動かすおそれがあるので注意が必要です。全長20cm近くになりますが、それほど大きいのはあまり入ってきません。

★ササハゼ V. wardii (Playfair, 1867)

相模湾以南のインド-太平洋に生息する共生ハゼで、体側にある茶色の横帯が特徴的な種類です。生態はミズタマハゼなどと同様で、底の方にいることが多く比較的サンゴ水槽にも入れやすいといえますが、十分注意します。あまり入荷は多いとはいえず、この手のハゼが好きな方なら販売されているのを見たらすぐ購入した方がよいでしょう。ただし入荷直後のものはできれば避けたいところです。

★アカハチハゼ V. strigata (Broussonet, 1782)

分布域は相模湾から琉球列島、インド-中央太平洋と極めて広い範囲に及びます。観賞魚としては東南アジアから入り、沖縄からも来ることがあります。また幼魚は運が良ければ自分で採集することも可能かもしれません。頭部が黄色から赤色、または灰色(地域差あり)になる種類で、眼の下の大きな青白い縦線が特徴です。中層をよく泳ぎサンゴの上にも砂をかけたりするので注意します。体長15cmにもなります。

★アカネハゼ V. bella Hoese and Larson, 1994

やや深場に生息している種類です。アカハチハゼに似ていますがその名の通り赤みを帯びた体が特徴。フィリピンにも分布していますが、主に沖縄から入って来ます。習性はアカハチハゼによく似ており、中層を泳ぎサンゴに砂をまくので注意します。あまり観賞魚として入荷せず、この仲間としては高価な種です。

★クロイトハゼ V. helsdingenii (Bleeker, 1858)

体側に黒い縦線が入るハゼの仲間です。神奈川県以南の太平洋岸にも分布しますが観賞魚としては東南アジアからやってきます。全長20cmを超える種で、中層を泳ぎサンゴの上に砂をかけてしまうこともあるので注意したい種です。

★アオハチハゼ V. randalli Hoese and Larson, 1994

1994年に新種記載された種で、アカハチハゼと似た名前ですが、あまりアカハチハゼには似ていません。頬部に青い縦線があり、体側にも黄色の細い縦線があるのが特徴です。また背鰭の棘も長く伸びているのが特徴です。琉球列島以南に分布していますが、やや深い場所に生息しており、あまり入荷しない種です。

★ヒメクロイトハゼ V. parva Hoese and Larson, 1994

クロイトハゼの名前がありますがやや小さく全長8cmほどと小型の大人しい種です。体側に黄色い縦縞があるグループで、この仲間は遊泳しますのでサンゴ水槽では注意する必要があります。観賞魚店で販売されることは極めてまれな種ですが、美しい色彩をしていますので今後の入荷に期待したいところです。

★サオトメハゼ V. limicola Hoese and Larson, 1994

日本ではまれな種類で、インドネシアからフィジーにかけて分布する種です。体側にある2本の黄色い縦縞と、眼の下のブルーがとても鮮やかな種類です。残念ながら観賞魚としての入荷はほとんどないようですが、いつかはお目にかかりたいベントスゴビーです。

★キイトハゼ V. yanoi Suzuki, Senou and Randall, 2016

2016年に新種として記載されたばかりの珍しいハゼで、琉球列島に生息しています。サオトメハゼに似ていますが、眼下の模様や背鰭の形などがやや異なっています。水深12~30mの砂地に生息しています。

★サザナミハゼ V. longipinnis (Lay and Bennett, 1839)

大型になる種で、全長25cmに達します。派手な種類ではないのですが、体側の赤色やオレンジの斑紋が綺麗です。日本では琉球列島のサンゴ礁域に多く、海外ではインド-西太平洋のサンゴ礁域の砂地にすみます。大型になるため、飼育には大型水槽が必要です。

ムラールゴビー V. muralis (Valenciennes, 1837)

日本には分布していませんが、フィリピン、インドネシア、パラオ、南シナ海など西太平洋のサンゴ礁域に広く分布するベントスゴビーです。サザナミハゼにそっくりですが、背鰭に明瞭な黒色点があるところや、体側の縦線が明瞭なところなどが異なります。全長15cmに達します。

サラサハゼ属 Amblygobius 

クロイトハゼの仲間よりも胴が短めで、腹鰭は吸盤状になっているようです。世界では18種が知られ、日本ではそのうちの7種が見られます。

サラサハゼの仲間でも中型~大型になるサラサハゼなどは中層を遊泳し、サンゴの上に砂をまくことがありますので、サンゴとの組み合わせは注意します。入手しやすいのはキンセンハゼとレインフォーズゴビー、サラサハゼの3種くらいで、他の種はなかなか入手できません。もし入って来たとしても、観賞魚店で掲示されている名前と実際の種類が別、なんてこともあります。

主な種(★は日本にも分布する種)

★キンセンハゼ Amblygobius hectori (Smith, 1957)

サラサハゼ属としては小型種で、全長5cmほどです。体側を通る黄色と黒の線が特徴で、吻がとがっていることから、ハゼの仲間というよりはベラの仲間の様な印象をうけます。入荷量もこの属としては比較的多いのですが、意外と飼育が難しい種です。痩せやすいので多めに餌をあげるべきですが、高価な魚ではなく、ザツな扱いを受けている可能性もあるかもしれません。やや小型の種でサンゴへの影響もそれほど大きくはありません。さまざまな微生物やゴカイなどが増殖した、サンゴ水槽で長期飼育を目指しましょう。

レインフォーズゴビー A. rainfordi (Whitley, 1940)

体側を通る縦線の色彩がキンセンハゼと少し違う近縁種です。西太平洋に広く産しますが日本では見ることが出来ません。観賞魚として東南アジアからまれに入ってきます。飼育についてはキンセンハゼと同様ですが、こちらの方が大きくなるようです。なお本種とキンセンハゼは、Koumansettaという別属に入れられている場合もあります。

★ジュウモンジサラサハゼ A. decussatus (Bleeker, 1855)

体に縦線と横線があり、尾鰭の付け根に目立つ赤色斑があるのも特徴です。底から離れたところもよく泳ぎますので、サンゴ水槽で飼育する場合は注意が必要です。ときどきサンゴの上に積もった砂を除いてやらなければなりません。西表島からインド-西太平洋に生息する全長7cmほどの小型種です。観賞魚店にはたまに入ります。

★ホホベニサラサハゼ Amblygobius sp.

ジュウモンジサラサハゼに似ている種ですが、体側には薄いピンク色の縦線があり、横の線がないことにより区別できます。河川の汽水域から内湾の砂底に生息する種で、あまり派手ではないものの落ち着いた美しさのある種です。ジュウモンジサラサハゼと異なり、生息場所の違いもあってあまり入荷しない種です。

★エサキサラサハゼ A. esakiae Herre, 1939

西表島、パラオ、インドネシア、フィリピン、パプアニューギニアなどに分布する種で、河川の河口域や内湾の泥底に生息しています。吻の先端にある黒色点や、ひし形の尾鰭などが特徴的です。観賞魚として入荷されることはあまりない珍しい種です。

ブアンゴビー Amblygobius buanensis Herre, 1927

日本には分布しませんがフィリピンやインドネシアに多く見られます。サラサハゼに似ていますが頭部にめだつラインがあることが異なっています。内湾のサンゴ礁域、極めて浅い場所に見られます。

★ワカケサラサハゼ A. linki Herre, 1927

サンゴ礁域には生息しない種で、マングローブ域の泥底にのみみられます。頭から尾鰭の付け根にかけて黒い縦線が2本あることにより、他のサラサハゼの仲間とは容易に区別することができます。全長5cmほどで、この仲間としては小型です。

▲スフィンクスサラサハゼの標本。生時はもっと美しい。

★スフィンクスサラサハゼ A. sphynx (Valenciennes, 1837)

大きいものは全長10cmを超える大型種。サラサハゼに似ているが、背鰭の形が異なっているのが特徴です。水深20m以浅の内湾の砂地に生息していますが、日本では西表島で見られる程度で、観賞魚としてはごくまれにしか流通しない珍しい魚ですが、フィリピンでは食用とされているようです。

▲サラサハゼ。写真は標本。生きている個体はもっときれい。

★サラサハゼ A. phalaena (Valenciennes, 1837)

この種も全長10cmを超える大型種。サンゴ礁域の砂地、海草が生えるような場所に多く生息しているハゼです。一見地味なハゼなのですが、体側に黒や青色の横帯がありよくみたら綺麗な種です。伊豆半島以南の南日本、西太平洋に生息し、A. albimaculatus (Rüppell, 1830)や A. semicinctus (Bennett, 1833) と行った種類と混同されやすいので注意が必要です。中層を泳ぐのでサンゴ水槽では気をつけます。この仲間では比較的入手しやすい種です。

シグニゴビウス属 Signigobius

1属1種のみが知られています。

▲第2背鰭にも目立つ斑紋があるが、この個体は第2背鰭が破れている

ツインスポットゴビー Signigobius biocellatus Hoese and Allen, 1977

日本からはまだ見つかっていないハゼなのですが「カニハゼ」とも呼ばれています。背鰭に大きな黒色目玉模様があり、それが名前の由来です。日本に生息していないのに日本語名がついているところからわかるように、古くから観賞魚として親しまれているポピュラー種ではあるものの飼育はなかなか難しい、上級者向けの魚です。主にフィリピンやインドネシアから輸入され、入手は難しくはありません。

ベントスゴビーの飼育に適した水槽

水槽

▲60cm水槽がおすすめ。

クロイトハゼ属の魚は比較的大型になる種が多く、最低でも60cm水槽が欲しいところです。サラサハゼ属のキンセンハゼやツインスポットゴビーはそれほど大きくならず45cm水槽でも飼育できないことはないですが、60cm水槽は水質が安定しやすく、他の魚とも組み合わせやすいのでおすすめです。

ろ過装置

ナチュラルシステムでの飼育は避けます。ベントスゴビーが砂を食んで微生物を食べたり、嫌気層をいじったりする恐れがあるからです。ろ過槽を用いた水槽で飼育するべきです。

大容量のろ過スペースを確保できる上部ろ過槽がもっとも使いやすいでしょう。これにパワーフィルターと呼ばれる外部式ろ過槽を追加すれば文字通り、さらにパワーアップします。外部式ろ過槽だけでは逆に、名前に反してどうしてもパワーが不足してしまいがちなので注意が必要です。外部式ろ過槽は、クーラーや殺菌灯などをつけやすいなどの点もおすすめする理由のひとつです。

底面フィルターは、その構造上使用するべきではありません。粗いサンゴ砂の間に残餌や排せつ物などの汚れたものがたまりやすく、ハゼが砂をもぐもぐしてしまうと、汚れが水中に舞ってしまいますので、使用することができないのです。

フタ

何かに驚くと飛び出してしまうこともあるため、水槽の上には必ずフタを載せるようにします。上部ろ過槽や外部ろ過槽を使用する場合はどうしてもできてしまう小さな隙間をプラ板などで埋めておくと完璧でしょう。

▲砂は厚く敷きすぎないこと。

ベントスゴビーの飼育には必要なものです。砂を2~3cmほど敷きますが、あまりに厚く敷いてしまうと、硫化水素が発生してしまう恐れがありますので注意します。特に細かいパウダー状の砂を敷くときは注意します。

水温・その他

水温は他の熱帯性海水魚同様25℃前後をキープするように心がけます。水深数mの浅場にすむものが多く、それほどシビアにならなくても良いと思われますが、あまりにも水温が安定しなかったり、30℃前後の高水温にならないように気を付けます。とくにアカネハゼはやや深場に生息するので、注意が必要です。

殺菌灯は砂をいじることが多いベントスゴビーを飼育するのには重要なもので、これにより病気を予防しますが、殺菌灯自体、そして殺菌灯に水を通すための水中ポンプが熱を放つので注意します。水槽用クーラーも接続して、温度を安定させるようにしましょう。殺菌灯で殺菌された暖かい水がクーラーを通り冷やされ、水槽に戻るように工夫します。

一般的に、クマノミの仲間などサンゴ礁の魚を飼育するのに適した水温は23~25℃といわれています。 サンゴ礁域の浅場で水温30℃近くにな...

ベントスゴビーの選び方

▲写真の個体のようなものは選ばないこと。

入荷してすぐのもの、体や鰭に白点がついているもの、鰭がぼろぼろになってしまっているものなどは避けます。

重要なのは、腹部がふっくらしているものを選ぶようにします。腹がへこんでしまっているものは避けます。この仲間は大食いで、餌を切らすと痩せてしまいがちなので注意します。

このほか購入のときに注意しなければならないのは、長くお店の水槽にいすぎないこと。お店の水槽では掃除をしやすいように砂を敷いていないことも多く、そのような水槽で飼育されているものは餓えてしまっていることも多いのです。

ベントスゴビーの餌

ベントスゴビーはなぜ砂を口にふくみ、もぐもぐして、鰓から砂だけを吐き出すのでしょうか。それは「食べるため」です。

小さなカップに餌と飼育水をいれ、飼育水でふやけた餌をスポイトなどを使い、砂中に埋めてあげるとよいでしょう。飼育水だけでなく、ビタミン剤などに餌を漬けておいて同じように与えるのも良い方法です。表面においておくだけだと他の魚に先に食べられてしまうおそれがありますので配慮が必要です。意外なほど大食いなので、餌を多数入れてあげましょう。

混泳の際の注意点

▲チョウチョウウオとの飼育は避ける。

混泳の際に注意したいのは、中~大型のキンチャクダイ(ヤッコ)の仲間、チョウチョウウオの仲間、フグの仲間、ニザダイの仲間です。これらの魚は白点病になりやすいのですが、砂をもぐもぐすることで汚れも巻きあげられて、その中にいた白点病のもとになる生物も舞い上げられ、白点病になるというケースもあります。

気が強い魚やハゼを捕食してしまうような魚との混泳もあまり適していません。先ほどご紹介したメンバーがベントスゴビーと一緒に飼育しにくいのにはそのような理由もあります。フグの仲間はおとなしそうに見えますが、ハゼをつついたりかじったりする恐れもあります。クマノミの仲間をはじめとしたスズメダイ科の魚は人気の海水魚ですが、気が強くハゼの仲間をいじめてしまうこともありますので、注意したいところです。

同様に気が強いベラの仲間やニセスズメの仲間も避けた方が賢明でしょう。共生ハゼの仲間、小型ヤッコ、小型ベラ、小型のハナダイ、カエルウオ、テンジクダイなどとの組み合わせは問題ないことが多いです。

サンゴや無脊椎動物との組み合わせ

サンゴは長い時間砂をかぶったままだと死んでしまいます。ベントスゴビーのうち中層を泳ぐようなアカハチハゼやサラサハゼ属の大型種は要注意です。

内湾のサラサハゼの仲間のように、サンゴ水槽よりも海藻や海草の水槽の方が似合うかもしれない種もいます。オーバーフロー水槽にして、上でサンゴなどを飼育し、下で海藻や海草を育てるような水槽にするのも面白いといえます。海藻や海草は海水中の栄養塩を吸収して成長するため、自然のろ過を再現することができます。この隙間には様々な微小生物がくらし、ハゼの餌になることもありますが、それだけではハゼをお腹いっぱいにすることはできませんので、かならず餌を与える必要があります。

まとめ

  • 口に砂をふくみ、砂中の餌を食べ、砂だけを鰓から吐き出す。
  • クロイトハゼ属、サラサハゼ属など3属からなる。
  • カニハゼことツインスポットゴビーは飼育が難しい。
  • サンゴとの飼育の際には、砂をかけられることがあるので注意すること。
  • 上部ろ過槽が適している。
  • 底面フィルターは使用不可。ナチュラルシステムの飼育も避ける。
  • ふたはしっかりと。
  • スポイトを使って砂の中に餌を置くようにする。
  • 腹部が凹んでいるもの、鰭がぼろぼろのもの、あるいは入荷後すぐのものは避ける。
  • チョウチョウウオなどとの混泳には適していない。
  • ハゼを捕食するような魚との飼育は避ける。







シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます