カクレクマノミ(ニモ)の飼育方法~初心者でも簡単に飼えるの? | 海水魚ラボ

カクレクマノミ(ニモ)の飼育方法~初心者でも簡単に飼えるの?

標準和名:カクレクマノミ
別名:オセラリス(学名から)
学名:Amphiprion ocellaris Cuvier, 1830
分類:スズキ目・スズキ亜目・スズメダイ科・クマノミ亜科・クマノミ属
全長:10cm

アクアリウム向けの「海水魚」といえば、本種カクレクマノミを思い浮かべる方も多いでしょう。カクレクマノミの飼育は海水魚ビギナーでも楽しめますが、この種で海水魚飼育の基本を学び、より難しい魚へのステップアップをしていくアクアリストも多いのです。

さらにカクレクマノミにはイレギュラーな斑紋や改良品種を集めたり、さらに上級者になると繁殖に挑戦したり、イソギンチャクと共生を楽しんだりと、海水魚の魅力が詰まった魚ともいえます。

カクレクマノミってどんな魚?

カクレクマノミはスズメダイ科のクマノミ亜科に含まれる魚です。クマノミ亜科の魚(クマノミの仲間)はイソギンチャクとの共生でよく知られていますが、水槽内でのイソギンチャクの飼育は難しいものも多いので、初心者にはあまりおすすめしにくいものです。

なお、クマノミの仲間は水槽内ではイソギンチャクがなくても問題ありません。カクレクマノミは性格が強すぎず弱すぎず、人間にもよくなつくのでとても飼育しやすい・愛着が湧きやすい種です。

水槽内の上域~下域をまんべんなくブリブリ泳ぐため、一匹入れておくととても映えます。

カクレクマノミの基本的な色彩はオレンジ色で、体側には白色の横帯が3本ありますが、最近は体のオレンジ色ではなく真っ黒であったり、白色の帯の形が不規則であったりする改良品種も販売されています。

これらの飼育方法は、カクレクマノミと同様で問題ありませんが、我が家のブラックオセラリスはカクレクマノミによくいじめられています。

映画「ファインディング・ニモ」にでてくるカクレクマノミの正体

カクレクマノミの名前が一般にも広く知られるようになったきっかけは映画「ファインディング・ニモ」なのですが、実際にこれに登場するのは近縁のペルクラと呼ばれる種とされています。この2種は非常に似ていますが、体側の白い帯のまわりが黒くなったりするのが特徴です。

分布はカクレクマノミが奄美諸島以南の日本、アンダマン海・オーストラリア西岸からインドネシア、フィリピン、シンガポールにかけての東インド-西太平洋域、ペルクラはグレートバリアリーフなどオーストラリア東岸、ソロモン諸島、バヌアツ、そしてニューギニア島などで、ある程度分布が分かれています。映画がグレートバリアリーフ周辺の海域を舞台にしていることを考えると、映画に出てきたのはペルクラの方である可能性が高いです。

カクレクマノミに適した環境

水槽

カクレクマノミは最大でも全長11cmほどの小型種で、ふつうはもっと小さいものです。45cmほどの小型水槽でも十分飼育可能です。60cm以上の水槽になれば、ほかの魚との混泳を楽しむこともできます。

ろ過槽

小型水槽では小型の外掛け式ろ過槽、外部ろ過槽、60cm以上であれば外部ろ過槽や上部ろ過槽を選ぶとよいでしょう。総水量が少ない小型水槽や、イソギンチャクなど水を汚すおそれのある生物を一緒に飼育するときには小型のプロテインスキマーの設置も有効といえます。

クマノミの仲間は比較的水質の悪化にも強いのですが、汚れると病気になったりすることもありますので水替えもきちんとしましょう。

水温

カクレクマノミは水温25℃前後の水温を好みます。それよりも低い23℃でも、若干高めの27℃でも飼育可能ですが、水温の安定が何より大事です。水温が安定しないと、魚は病気に罹りやすくなってしまうのです。

カクレクマノミにおすすめの餌

餌は配合飼料をメインに与えます。餌はペレット状のもの、フレーク状のものどちらでもかまいません。餌付けも容易でよく食べてくれます。繁殖を狙うためにイワシのミンチやイカなど生の餌を与えることもありますが、この場合餌を与えすぎると水が汚れやすくなりますので注意します。

なお、カクレクマノミに適したその他おすすめの餌を以下で紹介しているので併せて確認してみて下さい。

カクレクマノミも生物です。魚は基本的に、何かを食べなければ生きていくことはできません。ここでは、カクレクマノミを中心に、飼いやすい海...

カクレクマノミの選び方

カクレクマノミは沖縄、フィリピン、インドネシアから野生の個体が、国内の各所やアメリカからブリードのものが入ってきますが、いずれにせよ入荷直後のものは絶対に避けます。できれば入荷後1週間ほど経って落ち着いた個体を選ぶようにします。

泳ぎ方はゆったり泳いでいるものを選びます。じっとしてほとんど動かない個体、表層をせわしなく泳いでいる個体は避けたほうがよいでしょう。ただし、水槽に入れてすぐのまだ慣れていない個体は水槽内をずっと泳いでいたりします。

体は色艶がよく、体表に擦れ傷のようなものがないものを選びます。鰭は仲間同士の小競り合いで若干裂けることもありますが、鰭が溶けてしまっているような個体は選ばない方がよいでしょう。

皮膚が赤くただれていたり、口に傷がついているものは危険です。このような状態の魚はもちろん、同じ水槽の魚も購入しないほうがよいかもしれません。

もし可能でしたら、お店の人に餌をあげてもらい、餌を食べようとしている個体を選ぶのがベストといえます。

取材に協力していただいた茨城県土浦市「コーラルタウン」の販売水槽。 海水魚を販売するのには、動物取扱業登録などは必要なく、基本...

カクレクマノミの病気

カクレクマノミは比較的丈夫で病気になることも少ない魚ですが、注意しておかなければならない病気があります。

白点病は調子が悪いとき、たとえば水温や水質の急変などに発症することがあり、トリコディナは汚れた海水で発症することも多いのです。またいずれの病気も購入してすぐの個体に出ることが多いと言えますので、水槽に入れた数日間はよく観察するようにしましょう。

白点病

体に小さな白っぽい点がつく病気です。白い点の正体はクリプトカリオン・イリタンスとよばれる原生動物です。

治療法は硫酸銅の水溶液で薬浴することですが、劇薬ですので用量を間違えると魚も死にますし、サンゴ水槽で使うこともできません。初心者には「グリーンFゴールド」などの薬で治療するのがよいですが、用量をきちんと守るようにします(規定量の半分くらいが安心)。なお、魚の数が少なく、綺麗な水のサンゴ水槽では自然になくなってしまうケースもあります。

トリコディナ

やばい病気です。体の表皮にトリコディナ属の繊毛虫と呼ばれる生物がついて魚の上皮組織を蝕んでしまいます。見た目には、薄い膜を張ったり、体の一部が白っぽくなったりします。病気の進行が早く、薬も効かないので厄介な病気です。

治療法は淡水浴を行います。観賞魚店で1匹でもこの病気になっている魚がいたら、その水槽内の魚は購入しないほうがよいかもしれません。

淡水浴の方法

必要なものはバケツ、ヒーター、水温計、エアレーション用のセット(エアポンプ、エアチューブ、エアストーン)、カルキ抜きそしてバッファー剤です。

バケツに真水を汲み、カルキ抜きで塩素を抜きます。ヒーターで飼育水温と同じ水温にし、水にバッファー剤を溶かしてpHを8.1くらいに上昇させ、エアレーションをし、その中に魚をいれてやります。その状態で数分ほど泳がせてあげます。もし膜などがあるようでしたら、指などでやさしくはがしてやります。その後慎重に海水にもどしてやります。

もしまた発症してしまうようでしたら、後程再度淡水浴を行うようにします。

この方法はトリコディナだけでなく、他の多くの病原菌やヒラムシなどの対策に有効とされます。観賞魚店においても、入荷してからまず淡水浴を行うところもあります。

pHの値を安全に8.1にまで上げるバッファー剤

エアレーション用セットとカルキ抜きがそろった便利なセット

カクレクマノミの混泳

同種同士の混泳

▲カクレクマノミの幼魚同士の混泳

カクレクマノミをふくむスズメダイ科の魚は同種間で争うことも多いのですが、そのなかでは同種同士の混泳をさせやすい魚といえます。

ただし、よく観察して明らかに1匹だけいじめられたりしているようなときは、その個体またはいじめている個体を隔離したほうがよいでしょう。ふつうは他の魚とも一緒に混泳させてバランスをとります。

カクレクマノミと他の魚との混泳

さまざまな魚との混泳を楽しむことができます。カクレクマノミをいじめたり捕食したりしない、逆にカクレクマノミからのプレッシャーを受けない魚で、好む水温が一致するような魚であれば、ほとんどの魚と組み合わせが可能です。

海水魚飼育ではクマノミだけでなく他の魚もクマノミと一緒に飼いたいものです。しかしカクレクマノミと一緒に飼育することが出来る魚と、そうでない魚...

カクレクマノミとサンゴ・無脊椎動物との関係

カクレクマノミはサンゴを捕食することがないので、多くのサンゴと組み合わせることができます。イソギンチャクのない水槽では夜間にハナサンゴやナガレハナサンゴ、ウミアザミなどのサンゴの合間で眠ることがあります。

甲殻類は多くの種と組み合わせられますが、カクレエビなどの非常に小型の甲殻類は、カクレクマノミに捕食されるおそれもあるため、あまり望ましいといえません。逆にイセエビなど大型になる甲殻類は、カクレクマノミを捕食してしまうおそれもあります。スカンクシュリンプ、ホワイトソックス、ペパーミントシュリンプやサンゴヤドカリなどとは安心して組み合わせられます。

初心者におすすめできない生物 前は初心者の方がカクレクマノミと一緒に飼育するのに適した無脊椎動物をご紹介しましたが、今回は逆に初心者の方が...

カクレクマノミとイソギンチャクとの相性

クマノミの仲間といえばイソギンチャクとの共生は一般にもよく知られています。しかしイソギンチャクならばどんなイソギンチャクにも入ってくれる、というわけではなく、クマノミの種類によって好むイソギンチャクと、そうでないイソギンチャクというのが存在します。

カクレクマノミの好むイソギンチャクは、センジュイソギンチャクハタゴイソギンチャクといった種類です。しかしながらこれらの種類は比較的大きくなるイソギンチャクで、センジュイソギンチャクは水槽内をよく移動する、ハタゴイソギンチャクは強い光ときれいな水が必要となり初心者に向いていません。

温帯の海にも生息する、丈夫で飼いやすいサンゴイソギンチャクとは自然の海の中では共生することはありません。しかし、水槽内ではサンゴイソギンチャクにも入ることがあります。時間はかかりますが、初心者でもカクレクマノミとイソギンチャクの共生を楽しむことができるかもしれません。

カクレクマノミ飼育まとめ

  • 初心者でも飼育は可能、共生や繁殖などの上級者向けの楽しみ方もある
  • 改良品種も多く販売されている
  • 小型水槽での飼育も可能
  • 水温は25℃
  • 入荷したばかりの魚は購入しない。体表や鰭、泳ぎ方も観察
  • 白点病やトリコディナに注意
  • 同種同士の混泳はよく観察
  • 他の魚やサンゴ、無脊椎動物の多くの種と組み合わせられる

「海水魚の飼育を始めたい」と思われる方の多くは、カクレクマノミの飼育から始める方がほとんどだと思います。カクレクマノミ自体の飼育難易度は決して高くありませんが、その準備や飼育の手間、お金の面で淡水魚より当然かかります。

熱帯の海でみた生き物。水族館でみた美しい魚。その際にふと思うことがあるでしょう。 「連れて帰りたい!」 人間は大昔から、...

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます