共生ハゼとテッポウエビ~飼育のポイントと注意点 | 海水魚ラボ

共生ハゼとテッポウエビ~飼育のポイントと注意点

ハゼの仲間、ハチマキダテハゼとニシキテッポウエビの共生。自然の海をそのまま切り取ったような風景。砂を掘るエビと可愛い用心棒であるハゼの仕草はいつみても全く飽きることはありません。ここではこの2種の共生を水槽内で再現する上での、基本的なポイントをまとめました。

共生ハゼとは

ハゼの仲間は2,000種を超える種類がいるとされていますが、その生息環境や生態は種によってさまざまです。山谷の渓流にすむものから、深さ300mを超える深海まで、ハゼの仲間は広い範囲に進出しています。

生物はすべて、他の生物の存在に依存しているといえます。ハゼも例外ではありません。ウロハゼなどの大型種は、餌となる小魚がいなければ生きていけず、逆に小さなハゼは多くの魚類の糧となっています。弱肉強食の世界。

しかし助け合って生きている生き物も多数知られています。いわゆる「共生ハゼ」と呼ばれるハゼは、暖かい海の浅い海底でテッポウエビの仲間と共生しています。

テッポウエビは穴を掘り、ハゼはそこにすみつきます。ハゼはエビの巣穴を、外敵から守ります。さらに、テッポウエビはハゼをクリーニングすることがあるということもわかりました。両方が利益を得ているわけです。さらにその共生している巣の中に居候しているハナハゼの様な種もいます。

なお「遊泳性ハゼ」についてはこちらを御覧ください。

2000種ほどの種が知られるハゼの仲間のうち、海底でじっとしていないでよく泳ぐタイプのハゼの仲間を遊泳性ハゼといいます。 ハゼ...
ハゼの仲間は飼いやすく、初心者からベテランの方まで楽しめます。そんな中でも人気が高いのが、共生ハゼとこの遊泳性ハゼといえます。 温和な...

共生ハゼの飼育ポイント

水槽サイズは飼育したい共生ハゼのサイズに合わせます。たとえば大きくても5cm位のシノビハゼ属やネジリンボウ属などの種は小型水槽でも飼育できますが、ダテハゼ属やイトヒキハゼ属の魚には全長10cmを超えるものもいますので、そのような種の魚には60cm位の大型水槽をおすすめします。

また、ペア以外の複数の個体を入れる場合は種類にかかわらず60cm水槽以上の水槽をお勧めします。争うだけでなく、単純に数が増えると水も汚れるスピードがはやくなるため、多めの水量を確保する必要があるからです。

ただし大型種と小型種を一緒にするのは難しいです。大きいものは小さい共生ハゼを蹴散らしてしまい、最悪の場合、口に入るサイズのものを食べてしまうおそれもあるからです。

他の魚との混泳では、同じように小型~中型のハゼ、ハタタテハゼなど遊泳性のハゼ、小型のスズメダイ、カクレクマノミ、カエルウオ、ハナダイ、テンジクダイなどの多くの魚との混泳が可能ですが、ハゼまたはエビを食べてしまうような種類とは一緒に飼育することはできません。ニセモチノウオやキュウセンの仲間などもおすすめすることはできません。ベラは全般的に要注意です。

クロユリハゼ科のハナハゼなどの種と飼育すると、テッポウエビとダテハゼが共生する巣穴にハナハゼが居候している様子を水槽でも観察することができます。

水温は一般的な海水魚店で手に入るような種であれば25℃をキープするようにします。水深30m以深に生息しているような魚ならばもうちょっと低めに設定するとよいでしょう。

共生ハゼはサンゴに害を与えることはありませんので、サンゴと飼育しやすい魚といえます。共生するテッポウエビのうち大型のものは、レイアウトを破壊してしまうものもいるので気を付けます。

底砂は共生ハゼとテッポウエビとの共生を楽しむのに重要です。パウダー砂を厚さ3cmほど敷き、貝殻を砕いたものや、粗めのサンゴ砂を少々まいてあげましょう。貝殻や粗めのサンゴ砂を上手く組み合わせてテッポウエビが巣をつくります。エビは水槽に入れた後適当なサイズのライブロックめがけていき、巣穴を作り始めます。ですからライブロックも欲しいところです。

そしてもう一つ重要なものが「ふた」です。共生ハゼは他の魚にぼろぼろにされて死ぬこともあるのですが、他の魚に追われて水槽外に飛び出してしまうことも多いのです。とくに小型種はかなり小さな隙間でも飛び出してしまうので注意するべきです。鮮やかな煮干しのようになってしまった共生ハゼを見ると悲しいものですが、そうならないように、しっかりとふたをしてあげることが大切です。餌やりやメンテナンスの際に忘れてしまうこともありますので、注意します。

共生ハゼの個体の選び方・入手法

入荷直後の疲れた個体は絶対に避けます。観賞魚店である程度長く飼育されていて、よく餌を食うものであれば問題はないでしょう。ただし、人気あるがあまり入ってこない、ホタテツノハゼのような種類は早く売れてしまうことも多いようです。

また一部の種類は釣りによっても入手できます。イトヒキハゼは西日本の太平洋岸、日本海岸、瀬戸内海岸に分布し、投げ釣りでキス釣りの際にかかってくることもあります。共生ハゼは温帯のやや深い場所でも魅力的なシゲハゼ、キラキラハゼやヒレナガハゼなどが生息しており、一部の種は釣れるのですが、そのような個体を飼育できそうな良い状態で活かしておくことはなかなか難しい事です。

取材に協力していただいた茨城県土浦市「コーラルタウン」の販売水槽。 海水魚を販売するのには、動物取扱業登録などは必要なく、基本...

共生ハゼの種類

10属が知られています。他の動物と共生するハゼは他にもヤギやカラマツ、ウミトサカ、ミドリイシなどのサンゴの仲間と共生しているものもいますが、ここでいう共生ハゼは「テッポウエビと共生するハゼ」の事を指します。分布域はインド-中央太平洋域で、南アフリカからハワイ諸島、マルケサス諸島にまで分布します。他の熱帯性海水魚の多く同様、この仲間が多いのは東南アジアの海で、日本で観賞魚として販売される共生ハゼの多くの種類も、この海域が故郷です。

ネジリンボウ属 Stonogobiops

写真はヤシャハゼ。白い体に赤い縦縞模様が綺麗。

共生ハゼの代表的な属のひとつです。世界で7種が、日本にはそのうちの4種が知られていますが、流通するのは主にヒレナガネジリンボウ、ヤシャハゼ、ドラキュラシュリンプゴビーの3種に絞られます。ヒレナガネジリンボウは、観賞魚店ではハタタテネジリンボウという名前でも知られ、その愛らしい黒い横縞模様と、頭部の黄色が特徴的な可愛い人気種です。近縁種のネジリンボウは西太平洋に生息しており、ダイバーには人気の種なのですが、観賞魚の業界ではほとんど見ることができない種です。

ヤシャハゼは白っぽい体に赤い縦線が入る種で、共生するコトブキテッポウエビとお揃いの色彩です。3種いずれも大きさは5cmほどで、小型水槽でも飼育しやすいといえます。

主な種(★がついているのは日本にも分布する種)

★ネジリンボウ Stonogobiops xanthorhinica Hoese and Randall, 1982

★ヒレナガネジリンボウ S. nematodes Hoese and randall, 1982

★キツネメネジリンボウ S. pentafasciata Iwata and Hirata, 1994

★ヤシャハゼ S. yasha Yoshino and Shimada, 2001

ドラキュラシュリンプゴビー S. dracula Polunin and Lubbock, 1977(インド洋)

ダテハゼ属 Amblyeleotris

写真1.クビアカハゼ。赤い縞模様がオシャレな種類。

写真2.ヤノダテハゼ。尾鰭の模様が美しい細い体の小型種。

世界で40種近くの種が知られている、共生ハゼ最大のグループです。日本には和名がある種だけでも13種が知られていますが、和名がないものも何種か知られています。クビアカハゼやヤノダテハゼのような小型のものから、ニチリンダテハゼやニュウドウダテハゼのような大きなものも知られ、特にニュウドウダテハゼは全長20cm近くになる大型種です。

ヤノダテハゼなどは比較的おとなしい性格をしているのですが、ニチリンダテハゼなどは大きくなると結構強めです。さらにそのニチリンダテハゼなど鰭が立派なものは無理な混泳をさせるとその自慢の鰭が傷つくこともあり、意外と混泳には気をつかうものです。

この仲間は色々な名前で輸入されてきますが、標準和名と違う名称で入ってくることもあります。よく見ればさまざまな種が入ってきているのです。このような楽しみは淡水性熱帯魚のカラシン類の珍種を探す楽しみと似ているところがあります。

主な種(★がついているのは日本にも分布する種)

★クビアカハゼ Amblyeleotris wheeleri (Polunin and Lubbock, 1979)

★ヤノダテハゼ A. yanoi Aonuma and Yoshino, 1996

★ヤマブキハゼ A. guttata (Fowler, 1938)

★ニチリンダテハゼ A. randalli Hoese and Steene, 1978

★ダテハゼ A. japonica Takagi, 1957

★ヒメダテハゼ A. steinitzi (Klausewitz, 1974)

★ハチマキダテハゼ A. diagonalis Polunin and Lubbock, 1979

★ダンダラダテハゼ A. periophthalma (Bleeker, 1853)

★ミナミダテハゼ A. ogasawarensis Yanagisawa, 1978

★マスイダテハゼ A. masuii Aonuma and Yoshino, 1996

★ズグロダテハゼ A. melanocephala Aonuma, Iwata and Yoshino, 2000

★モリシタダテハゼ A. morishitai Senou and Aonuma, 2007

★ニュウドウダテハゼ A. fontanesii (Bleeker, 1852)

★アークフィンシュリンプゴビー A. arcupinna Mohlmann and Munday, 1999 (西表島、西太平洋。西表島の分布は「日本のハゼ」による)

マスクドシュリンプゴビー A. gymnocephala (Bleeker, 1853) (インド-西太平洋)

オーロラゴビー A. aurora (Polunin and Lubbock, 1977) (インド洋)

レッドマージンシュリンプゴビー A. rubrimarginata Mohlmann and Randall, 2002 (西太平洋)

ボルケーノシュリンプゴビー A. rhyax Polunin and Lubbock, 1979 (西太平洋)

メタリックシュリンプゴビー A. latifasciata Polunin and Lubbock, 1979 (西太平洋)

イトヒキハゼ属 Cryptocentrus

写真はギンガハゼ。イトヒキハゼの仲間で最もよく知られた種。

種類は少なくとも30種以上が知られ、日本には12種と和名のないものが1種ほどいます。

しかし観賞魚店では多くの種類はみることが出来ません。ギンガハゼは灰色の個体と黄色い個体がいて、黄色い個体はよく観賞魚として流通しますが、そのほかの種類は残念ながら見る機会が少ないです。

日本の沿岸で普通に見られ、属の標準和名にもなっているイトヒキハゼはこの属ではなく、ハゴロモハゼ属に移すべきではないかという意見もあります。イトヒキハゼは釣れたら人の手を噛むこともあるのですが、痛いものではありません。

イトヒキハゼ属のものは結構気が強いため、大人しい共生ハゼとの同居には注意が必要です。意外と貪欲で種類によっては小魚を食べてしまいますので注意が必要です。

主な種(★がついているのは日本にも分布する種)

★ギンガハゼ Cryptocentrus cinctus (Herre, 1936)

★フタホシタカノハハゼ C. sericus Herre, 1932

★ムラサメハゼ C. fasciatus Playfair, 1867

★シロオビハゼ C. albidorsus (Yanagisawa, 1978)

★ヒノマルハゼ C. strigilliceps (Jordan and Seale, 1906)

★クロホシハゼ C. nigrocellatus (Yanagisawa, 1978)

★タカノハハゼ C. caeruleomaculatus (Herre, 1933)

★ホシゾラハゼ C. cyanospilotus Allen and Randall, 2011

★オイランハゼ C. melanopus (Bleeker, 1860)

★ブチハゼ C. inexplicatus (Herre, 1934)

★イトヒキハゼ C. fillifer (Valenciennes, 1837)

★シゲハゼ C. shigensis Kuroda, 1956

ウォッチマンゴビー C. sp. (西太平洋。複数種いると思われる)

オニハゼ属 Tomiyamichthys

写真はヒメオニハゼ。いかつい顔の小型種。

ホタテツノハゼという、第一背鰭が格好いいハゼが知られています。種類は少なくとも12種が知られ、日本にはそのうちの6種と、和名がないものが何種かいますが、いずれの種類もごくまれにしか入ってきません。オニハゼやウシオニハゼを除き小型種が多いですから、組合せには気を付けるべきですが、基本的には丈夫で飼いやすいものが多いです。ホタテツノハゼは自慢の第1背鰭が傷つきやすく、扱いや混泳する魚との関係には注意が必要です。

従来はオニハゼ属と、ホタテツノハゼ属は別属として扱われてきましたが、最近はオニハゼ属に統一されているようです。また従来ヤツシハゼ属の魚とされたヤジリハゼはいまではオニハゼ属に含められます。

主な種(★がついているのは日本にも分布する種)

★オニハゼ Tomiyamichthys oni (Tomiyama, 1936)

★ヒメオニハゼ T. alleni Iwata, Ohnishi and Hirata, 2000

★ホタテツノハゼ T. sp.

★オニツノハゼ T. smithi Chen and Fang, 2003

★ウシオニハゼ T. russus (Cantor, 1849)

★ヤジリハゼ T. lanceolatus (Yanagisawa, 1978) (従来はヤツシハゼ属の種とされた)

スケールレスシュリンプゴビー T. nudus Allen and Erdmann, 2012 (西太平洋)

ファンシュリンプゴビー T. latruncularius (Klausewitz, 1974) (インド-西太平洋)

オドリハゼ属 Lotilia

日本にも分布するオドリハゼと、紅海周辺にのみ生息する近縁種の計2種のみが知られています。あまり入荷がなくほかの共生ハゼと比べたらやや高価な種です。共生するエビは専用のダンスゴビーシュリンプというテッポウエビです。人気ですが共生ハゼの仲間としては高価です。

主な種(★がついているのは日本にも分布する種)

★オドリハゼ Lotilia klausewitzi Shibukawa, Suzuki and Senou, 2012

ホワイトキャップゴビー L. graciliosa Klausewitz, 1960 (紅海とその周辺)

ヤツシハゼ属 Vanderhorstia

写真はイエローラインシュリンプゴビー。繊細な美しさを持つ種類が多い。

インド-太平洋域から20種以上、日本には少なくとも15種が知られていますが、未記載のものもいて種類はさらに増えるものと思われます。イエローラインシュリンプゴビーという種が入ってきますが流通量は多くなく、他の種類はめったに入荷しません。小型で温和な種が多いグループで、他の魚との組み合わせがしにくい仲間です。

主な種(★がついているのは日本にも分布する種)

★ヤツシハゼ Vanderhorstia phaeosticta (Randall, Shao and Chen, 2007)

★コモンヤツシハゼ V. sp. 2

★クサハゼ V. sp. 1

★ツバメクサハゼ V. steelei Randall and Munday, 2008

★シマオリハゼ V. ambanoro (Fourmanoir, 1957)

★キラキラハゼ V. auropunctata (Tomiyama, 1955)

★ヒレナガハゼ V. macropteryx (Franz, 1910)

★ホオベニオトヒメハゼ V. puncticeps (Deng and Xiong, 1980)

★クロエリカノコハゼ V. hiramatsui Iwata, Shibukawa and Ohnishi, 2007

★ナノハナフブキハゼ V. rapa Iwata, Shibukawa and Ohnishi, 2007

★キザクラハゼ V. kizakura Iwata, Shibukawa and Ohnishi, 2007

★ヤノスソビキハゼ V. papilio Shibukawa and Suzuki, 2004

★ヒメヤツシハゼ V. fulvopelvis Suzuki and Chen, 2013

★マスダヤツシハゼ V. wayag Allen and Erdmann, 2012

★アオスジヤツシハゼ V. cyanolineata Suzuki and Chen, 2013

イエローラインシュリンプゴビー V. flavilineata Allen and Munday, 1995 (西太平洋)

シノビハゼ属 Ctenogobiops

世界に9種、うち日本に6種が知られます。第1背鰭が格好いいハタタテシノビハゼ以外はほとんど来ることがない、共生ハゼの仲間でもかなりマイナーな属です。ややデリケートなので混泳と病気(白点病)に気を付けます。

主な種(★がついているのは日本にも分布する種)

★ハタタテシノビハゼ Ctenogobiops tangaroai Lubbock and Polunin, 1977

★シノビハゼ C. pomastictus Lubbock and Polunin, 1977

★ヒメシノビハゼ C. feroculus Lubbock and Polunin, 1977

★オビシノビハゼ C. aurocingulus (Herre, 1935)

★ホホスジシノビハゼ C. crocineus Smith, 1959

★アオヒゲシノビハゼ C. mitodes Randall, Shao and Chen, 2007

ハゴロモハゼ属 Myersina

8種が知られています。日本産は3種が知られています。沖縄からハゴロモハゼが来るくらいで、あまり入荷しない仲間です。西太平洋~南アフリカの東岸にまで分布していて、内湾や汽水域にすむものが多いです。

イトヒキハゼ属のイトヒキハゼは、ハゴロモハゼ属に移すべきという意見もありますが、これについてはさらなる検討が必要なようです。

主な種(★がついているのは日本にも分布する種)

★ハゴロモハゼ Myersina macrostoma Herre, 1934

★クロオビハゼ M. nigrivirgata Akihito and Meguro, 1983

★ミホノハゴロモハゼ M. sp.

クロカータゴビー M. crocata (Wongratana, 1975) (西太平洋)

カスリハゼ属 Mahidolia

1、または2種からなる小さなグループです。内湾の浅瀬に見られる共生ハゼで、南日本の太平洋岸や沖縄などでまれに釣れることもありますが、観賞魚としてはめったに入ってこないものです。結構口が大きく貪欲なので要注意です。

主な種(★がついているのは日本にも分布する種)

★カスリハゼ Mahidolia mystacina (Valenciennes, 1837)

ハラマキハゼ属 Psilogobius

世界で3種、うち日本にはハラマキハゼのみが知られています。日本のハラマキハゼは内湾に生息し、体に多数の横線が入る以外は地味なハゼです。そのため、観賞魚の世界ではほとんど注目されることはなく、観賞魚店でもその姿を見ることが出来ません。

主な種(★がついているのは日本にも分布する種)

★ハラマキハゼ Psilogobius prolatus Watson and Lachner, 1985

そのほか

テッポウエビと共生するハゼの仲間は基本的にこの10属とされていますが、スジハゼの仲間などの一部の底生のハゼは、積極的に共生する、とはいえないもののテッポウエビと共生することがあるようです。またハスジマハゼはイトヒキハゼ属に似た見た目をもち、テッポウエビと共生することも示唆されていますが、共生しているところは確認できていないようです。

テッポウエビの種類

テッポウエビの仲間も種類が多いですが、上にあげた共生ハゼと共生するのは一部の種類です。観賞魚店では主にコトブキテッポウエビや、ニシキテッポウエビと言った種類が入手しやすいのですが、他にもコシジロテッポウエビやテッポウエビなどその他の種類のテッポウエビもたまに観賞魚店に入ってきます。

基本的にハゼと共生するテッポウエビは決まっていますが、ダンスゴビーシュリンプと共生するオドリハゼを除き、あまり厳密に決まっているというわけではないようです。ヒレナガネジリンボウやヤシャハゼ、ヒメオニハゼ、ヤノダテハゼなどの小型の種はコトブキテッポウエビ、ダテハゼの仲間やギンガハゼなどの大型種はニシキテッポウエビなどと共生していることが多いようです。

エビの仲間は水の急変に弱い面がありますので、時間をかけて水合わせをします。また入れた瞬間にほかの魚に襲われるという事態を回避するため、水ごと小さなカップの中に入れて沈めてあげるのもよい方法です。

コトブキテッポウエビ

その名の通り紅白模様が美しいテッポウエビの仲間です。和名で呼ばれることはほとんどなく、観賞魚の世界ではランドールズピストルシュリンプという名前で呼ばれます。主にネジリンボウ属の小型種や小型のオニハゼ属、ヤノダテハゼなどと共生します。

ニシキテッポウエビ

コトブキテッポウエビと比べてやや大きくなる種です。かなりよく働き、底砂のかたちを大きく変更してしまうこともありますので、岩組には十分気を付けます。ダテハゼの仲間やギンガハゼなどのやや大きめのサイズのハゼとの共生に向いています。

共生ハゼの飼育まとめ

  • テッポウエビとハゼの共生を水槽でも楽しむことが出来る。
  • エビが巣をつくるには、建材として粗いサンゴ砂、貝殻などが必要
  • 大型種と小型種は同じ水槽では飼育しにくい
  • 大きいハゼが小さいハゼを駆逐してしまうことも
  • 飛び出して死んでしまうケースもある
  • 小型種はコトブキテッポウエビと共生させるとよい
  • 大型種はニシキテッポウエビやコシジロテッポウエビなどと共生する
海水魚をエビと一緒に飼育しているアクアリストはとても多いです。しかし海水魚とエビの関係は、種類によっては捕食するものと捕食さ...

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます