海水魚の飼育に必要な器具について

海水魚の飼育に必要な器具について




最低限必要になる器具

魚との暮らしに最低限必要な器具です。一気にそろえるのは高価なので、少しずつそろえるようにすれば良いでしょう。餌をのぞきほとんどすべての器具は海水魚を購入する前にそろえておく必要があります。

★の数は優先順位を表します。★の数が多い(最大3つ)ほど初めにそろえておく必要があります。

水槽 ★★★

私たちのくらしで、最も大事なものは何でしょう。「衣食住」です。しかし魚はなにも着ません。食は、魚は水槽内で空腹になったらコケを啄んだり自然に発生した微生物を食べたりしますが、実際には人間が与える「餌」に依存していると言えます。

そして最後の「住」が水槽です。水槽は海水魚に限らず、魚や水の生物を飼育する上で最も大切なものであります。そのため、また改めてご紹介します。

海水魚飼育において、オーバーフロー水槽は憧れです。 水槽に好きな魚を沢山、サンゴの合間に泳がせて見たいと思うでしょう。しかし普...

ろ過装置・ろ材 ★★★

魚水槽のろ過といえば、糞や食べ残しなどをウールマットでこしとるようなことをイメージされる方も多いと思われますが、この装置はし尿処理場の役目もします。魚の排せつ物に含まれる有害なアンモニアを無害化するためのろ過バクテリアの住処でもあります。

ろ過装置は海水魚・淡水魚問わず魚の飼育の心臓ともいえます。これもまた改めてご紹介します。

ろ過には大きく分けて二つあります。まずはウールマットなどを使ってフンや食べ残しを取り除く物理ろ過。 そしてもう一つは、排泄物や残り餌を...

水槽のフタ ★★★

水の飛び跳ね防止や魚の飛び出し防止など効果が高い製品です。ガラスの蓋やアクリル製のふた等色々あります。我が家ではガラス製水槽でも蓋はアクリル製という水槽もあります。アクリル製のふたはガラス製のものに比べ軽くガラス製のふたは透明感があり傷つきにくいという特色があります。ガラス製のものは落としたりすると割れる恐れがあり取扱いに注意します。

水槽台 ★★★

水槽をのせる台です。水槽は水や飾りサンゴ、ライブロックなどを入れると非常に重くなりますから、しっかりした台の上に乗せるべきです。さまざまな水槽台が市販されているのでそれを使うようにしましょう。

照明 ★★

照明は昔ながらの蛍光灯、サンゴ礁の浅場に降り注ぐ光も再現できるメタルハライドランプ、近年勢力が強いLEDなどがあります。メタルハライドランプはサンゴを飼育するのに適していますが高価で、また種類によっては魚の色が飛んでしまうこともあります。初心者がカクレクマノミと飼いやすいサンゴを飼育するのでしたら蛍光灯やLEDで十分です。

熱帯の太陽光が照りつける海で育った魚やサンゴ。これらの生き物を水槽で飼育するには「光」が必要です。しかし、その照明の強さ・弱さについ...

ヒーター ★★★

ヒーターは冬に水温を温めるのに使うもの、と思っている方も多いでしょう。実際にそうですが、春や秋も重要です。春や秋は水温が上下してしまいますが、魚の病気はそのような時期に発生しやすいです。ヒーターと、できればクーラーを使って水温を一定に保つように心がけるのが重要です。

水温計 ★★★

水温を測るものです。ガラス製で水槽の中に吸盤で貼りつけるものや、デジタル式のものがあります。ガラス製は割れやすく、デジタル式のものは水槽に落とすと壊れてしまうなど一長一短があります。

比重計 ★★★

海水の比重を測るものです。昔ながらのボーメ計や、正確に測れる屈折計などの商品がありますが、初めての方にはプラスチック製の比重計が軽くて安価で使いやすいです。

pH計 ★★★

pH(水素イオン濃度)をはかるためのものです。デジタルのものや、試薬タイプのもの、試験紙タイプのものなどさまざまな製品が販売されています。

バケツ ★★★

人工海水を作成したり、非常事態や病気の時に魚を隔離したり、アイデア次第で様々な用途に使用できます。

ホース類 ★★★

水替えの時に使います。水を出したり、水中ポンプを使ってバケツから人工海水を水槽に給水したりします。後者の用途に使うのでしたら、水中ポンプにあった径のホースを使う必要があります。

スクレイパー・スポンジ等 ★★

水槽のコケをとるのに使いますが、アクリル水槽でスクレイパーをつかってごしごし掃除すると傷がつく恐れがあるので注意します。

エアポンプのセット ★★

何かのトラブルで魚を急きょ隔離しなければならなくなったときに使います。バケツに水と魚を入れ、エアポンプで空気を送りながら安全な状態になるまで隔離します。失敗する可能性もある初心者の方には必需といえるかもしれません。

人工海水のもと はかり ★★★

海水魚飼育では基本的に人工海水のもとを溶かして海水を作ります。人工海水は自分で計量して作る必要がありますので、海水の量を測定する「はかり」が必要になります。レッドシーソルトやライブシーソルトなどのように自ブランドの人工海水を計量してくれる製品が出ているものもありますが、そのようなものを使うと初心者でも安心して海水を作ることが出来ます。

餌 ★

海水魚に与える餌です。フレークのようなもの、固形のペレット、冷凍餌などさまざまな種類の餌がありますが、これはまた別項で解説します。

中和剤 ★★★

水の中に溶け込む塩素や重金属を無害化するものです。カルキを抜くもの、重金属を無害化するものなどの製品があります。

バクテリア ★★

バクテリア剤を水槽に添加すると、水槽にバクテリアが繁殖し、生物ろ過がすすみます。バクテリアそのものを添加するものや、バクテリアの餌を添加するものなどがあります。

底砂 ★★★

底砂にはサンゴ砂を使用することが一般的です。熱帯魚や水草を飼育するときのソイルなどは使用できませんのでご注意ください。水槽の状態をはやく安定させるためにバクテリアつきの底砂「ライブサンド」も販売されています。これを使いますと速く立ち上げられますが開封後速やかに使い切る必要があります。

熱帯魚用の網・器 ★★

魚を掬うための網です。他の魚から隔離するとき、病気の魚を掬うときなどに使いますが、網の中から水ごと魚を掬うために器のようなものも欲しいものです。そのまま掬ってしまいますと、網で擦れてしまい病気になったり、病気がひどくなったりする可能性もあります。

テストキット ★★★

目に見ることができない、水の数値を測るためのものです。海水魚飼育やサンゴの飼育ではある成分の数値が多いと魚やサンゴに有害なもの、逆にある成分の数値が少ないと魚やサンゴに有害なものとがありますが、初心者の方の場合は有る成分の数値が多すぎると害になるものが多いです。

初めて海水魚を飼育するときにはアンモニア、亜硝酸、硝酸塩の数値はテスターでチェックしてみたいものです。

あった方が良いもの

海水魚飼育に必須ではありませんが、ここでは水槽飼育にあった方がよいものをピックアップします。

水槽用クーラー

日本の夏は暑く、本当は必需品の中に入れたいものです。家庭用のクーラーで水槽を冷やしている人もいますが電気代がかなり高価になってしまい調節もしにくくなるので、水槽用のクーラーを使用した方が安心です。最近は小型水槽が流行りで、小型の水槽用クーラーも販売されています。

クーラーの選び方は、水槽に適合した水量よりも1ランクか2ランク上の機種を使用するのが望ましいです。これは飼育を始めてから機材はどんどん増えていくもので、それらの機材にはポンプを使うことが多く、それが水温をあたためることになるからです。

一般的に、クマノミの仲間などサンゴ礁の魚を飼育するのに適した水温は23~25℃といわれています。 サンゴ礁域の浅場で水温30℃近くにな...

予備の水槽

魚がケンカしたときに避難させたり、万が一病気が出てしまったときなどに便利です。もちろん一時的な避難や隔離とはいえ、きちんとしたろ過をしていないといけません。

殺菌灯

紫外線の力で殺菌をしてくれるものです。病気の予防やコケの減少に効果がありますが、きちんと水替えをしないと効果が表れにくく注意が必要です。また水中ポンプが別途必要になります。水温の上昇もしやすいので注意が必要です。

プロテインスキマー

ポンプが微細な泡を発生させ水槽内を漂う糞や餌の残りかすなどの有機物をハイパワーで水槽からとりのぞいてくれます。これにより水槽の魚をよりよく飼うことができますが、生物ろ過のしくみを理解していないと使いこなしにくい機械です。ろ過の補助をするものという考えになるでしょう。

小型水槽においてろ過の補助をするならエアリフト式のプロテインスキマーが使いやすいです。オーバーフローの大型水槽ならばベンチュリ式などのパワーがあるプロテインスキマーを使用するのがお勧めです。エアリフト式のスキマーを使用する場合はエアポンプが別途必要になります。

水中ポンプ

コラリアナノのように水流を生み出すための専用のポンプや、マキシジェットのように水流を生み出すほかに水をくみ上げることができるものもあります。後者は水替えのときなどにも役に立ちますのでお勧めです。

サンゴを上手く飼育するには何が必要でしょうか。太陽のような強い光、清浄な海水、そして水の流れです。 きらきらした水やハイパワー...

各種添加剤

水槽で日々減少していく成分を水槽に添加するものです。カルシウム、ストロンチウム、マグネシウム、ヨウ素、微量元素などを補給します。

海水魚やサンゴ、イソギンチャクなどの無脊椎動物。これらの生物の暮らしていた広大な海は、77種の元素からなる海水で構成されています。私たちが「...







シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます